忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさまごきげんよう。

UO Books Onlyの開催も1ヶ月強に迫って参りました。
ここで、作家の皆様方より、締め切りや提出場所についてのご質問が少なからず寄せられていると伺い、時期も時期であることですので、かかる事柄について提示させて頂きます。

庭梅文芸賞コンテスト/朗読コンテストの締め切り

ともに2014年1月11日()日本時間での24時までです。

コンテスト応募作品の提出場所は、こちらの画像を御覧ください。
円マップは市庁舎への道順です。
市庁舎は以前、庭梅小路内の練成屋さんの白豚堂が営業されていた場所です。
白豚堂様は現在は櫻堂様として営業なさっております。



こちら、市庁舎の正面入り口のポストに投函して頂くことになります
また、投函が確認され次第随時こちらで紹介させて頂きますね。

また、今一度こちらで各コンテストの要項を載せておきます。

~‡~ コンテスト作品・内容のお願い ~‡~

日本語で書かれた作品である事(作品の内容上必要であるだろう他言語、Orc語、wisp語等の表現は、この限りではございません)

UOの世界観に沿った物語であること(AA絵本・詩・童話・エッセイ・小説・ライト/シリアス・恋愛・歴史物・・・不問です)

【2Dクライアント】で書かれていること

1プレイヤー1作品であること(作品は必ず応募者本人の著作であること なお共作の場合、その旨明記すること)

未発表作品であること

18禁にあたる表現は不可

書籍のみが対象となります。(本をさらにコンテナ等に入れて解説文をつける、装飾する等されていた場合、申し訳ありませんが中の書籍のみを、展示いたします)

~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~



~‡~ 朗読コンテストへの参加 ~‡~

会場内で実際に演じる形での催しものです。

当ブログの右メニューにあるメールフォームよりお申し込みを受付け、先着3名のエントリーとさせて頂きます。
申し込みフォーマットは後日改めてお伝え致します。
また、コンテストは会場投票(おひねり)でのコンテストとなります。

寸劇風・吟遊詩人・歌、どんな形態での朗読でも構いません。
演出協力も承りますので、自前で用意が難しいかたは、ぜひご相談下さい。

~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~

皆様奮ってのご参加をお待ちしております。

拍手[0回]

皆様ごきげんよう庭梅小路町長のキャリバーです。
昨年行いました「UO Books Only」を再び開催致します!

場所は例によって桜シャード。
さらに今回は庭梅小路内で行います。
コミックマーケットを例にとることと、個人宅をイベントスペースとして活用するモデルケースの試みとしての開催も含めておりますので、そうしたご興味のある方も奮ってご参加下さい。

開催は2014年1月18日(土)となります。

※イベントに先駆けて建物・会場関係の準備をしています。
 開催時間・地図等は後日ご案内いたします。


古今無双の形無き剣が振るわれ、頁を繰る度に天変地異の雷で眼も眩むのが、表現文化の数ある華のごく一部の例えとなりましょう。
この記事をお読みになる皆様に、ご自分の手でそれを為そうという気概のある方はおられますか?
最も新しく最も美しい名花をその手に咲かせるロマンをお持ちでしょうか?


1.書籍市への参加

UO BOOKS ONLYのメインコンテンツである書籍市は、イベント会場内での書籍の販売・書店の宣伝などを行なう、一般的な販売スペースです。

ご参加になるサークルには以下の内容のノベルティが配布されます。



・男女兼用・秘薬低減100% ※人間・エルフ用のみです。
・FC2 CR4 STR+14アクセサリー
・フルスペルブック
・スペルブック・アクセサリー合計魔法スキル+30
・会場 銀行 宿のルーンブック
・上書き禁止用の赤い葉(20枚)
・UO BOOKS ONLT 02 パンフレット ※準備中です。

当日受付にて上記ノベルティを、出店参加に際して必須となっている見本誌の提出と交換致します。
また今回は屋内での開催となります。サークル参加者は受付でフレンド登録をいたします。会場になる建物では、スペースの軽度のカスタマイズ(未定)を始め出店サポートとして、フレンドセキュアで増刷用の本の無料配布を行います。


2.コンテストへの参加

恒例となっております、新作本のコンテストです。
前回は10名ほどのエントリーがあり、とても華やかなものであったと記憶しております。
この度も宜しくお願い致しますね。

※前回のコンテスト受賞者発表



~‡~ コンテスト作品提出時のお願い ~‡~

必ず著者名に併記して【○○】とメインの活動シャード名記入のこと
例:Calibur【Sakura】

・ご連絡先(ICQ、メールアドレス等)を別途、本に書いて同梱してください。
(メインシャード記入は、図書館収蔵のさい、シャード別に区分するためです 連絡先は、受賞した方がイベント当日の授賞式に都合がつかなかった場合に、後日お届けするためのものです)

・作品名が日本語の場合、作品のタイトルは英字表記し、本文ページに日本語名を記入のこと

~‡~ コンテスト作品・内容のお願い ~‡~

日本語で書かれた作品である事(作品の内容上必要であるだろう他言語、Orc語、wisp語等の表現は、この限りではございません)

UOの世界観に沿った物語であること(AA絵本・詩・童話・エッセイ・小説・ライト/シリアス・恋愛・歴史物・・・不問です)

【2Dクライアント】で書かれていること

1プレイヤー1作品であること(作品は必ず応募者本人の著作であること なお共作の場合、その旨明記すること)

未発表作品であること

18禁にあたる表現は不可

書籍のみが対象となります。(本をさらにコンテナ等に入れて解説文をつける、装飾する等されていた場合、申し訳ありませんが中の書籍のみを、展示いたします

~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~ ~‡~

文芸賞の応募作品は、一週間前から会場設置致します。
前回と同じく、当日ご来場くださるかたは、投票時間までに作品をお読みください。

※前回の陳列(現在はこの施設はありません)



※前回の受賞者アイオライト氏、故郷に錦を飾る


また、賞金・賞品は、日本シャードであれば無償で転送も出来ますのでご安心ください。

なお、第二回・庭梅文芸賞の優勝者には、魔法ダメージ+30%のメイジスペルブックが授与されます。

特攻の無い敵の討伐に最高の一冊です!
常日ごろ書物に親しまれている魔術師の皆さま、ぜひこの機会にご応募お待ちしています。



3.朗読コンテストへの参加

会場内で実際に演じる形での催しものです。

当ブログの右メニューにあるメールフォームよりお申し込みを受付け、先着3名のエントリーとさせて頂きます。
申し込みフォーマットは後日改めてお伝え致します。
また、コンテストは会場投票(おひねり)でのコンテストとなります。

寸劇風・吟遊詩人・歌、どんな形態での朗読でも構いません。
演出協力も承りますので、自前で用意が難しいかたは、ぜひご相談下さい。

こちらは詳細はまた後々の記事で追加致します。



以上の3点を本イベントのテーマとして、実りある会にしたいと考えております。
ブリタニアの皆様、奮ってご参加下さい!

拍手[2回]

昨日、出雲の大海鮮に赴き、提督として奮戦して参りました。
然る後、勝利を納めました!



以下、出雲で提督を務めたFayubeの手記(うおみんの日記)を掲載いたしますね。
ややいつもと違うフランクな所もございますけれども、そこもお楽しみ頂ければ幸いです。

----------

取りあえず全ての状況を攻撃に活用することを志す。
その結果、差し入れと称したお菓子に毒を塗って渡すことにしました。
ただ、返事を聞いた限りだと、効力を発揮しなかった模様…残念…。

加えてイベント用チャットルームがあるのでここで欺瞞情報を流す。
ただし本当のことを混ぜないと信憑性がないので注意は必要。
例えば相手がヒートアップしてたり当たり前の答えが本当のことである場合は、迷わずそこで本当のことも言う感じをアッピールするわけです。

さて、海戦で最も可能性が高いのは集団突進どうしの激突であり、その次に広い陣形での攻勢や守勢などがあるんだと思います。
今回、我が艦隊は開戦からすかさず全艦左へ横移動を開始。左の枠線にたどり着いたらやや前進ののちに戦場中央を目指す。
これにより開幕直後の正面決戦による混乱を防ぐとともに、相手方が正面突破を目指していた場合そこに肩すかしを食わせることになります。

と、これで相手の虚をつけたと思ったんですが…。
所定の機動ののちに各艦会敵してみれば、相手が割と散開状態。
ここからは、

・オーク船と通常船のタイマンは避ける
・少数にある時は避け、多数にあるよう攻める
・旗艦はひらすら逃げる

が戦場に残ったポイントでした。
つまりここからは各艦の機動と決断力の勝負だったのかもしれません。
不利な時に味方艦が退路を塞がない/開けてくれる、自軍旗艦への攻撃に割って入る、敵軍旗艦への妨害・攻撃に加わるといった意味でのチームワークにつながります。

その点でどうやら優位に立ったのか、敵軍オーク船からある程度距離を取ってから敵軍旗艦とガチで殴り合いに入りました。
なるべく交戦しないで勝ちたかったんですが、機動も砲撃も思い切りが大切なのと、無聊の慰めもあってボカスカ撃ちにいったわけです。

…と沈めたかに見えたんですが、色々行き違いや手違いがあって再戦となりました。

仕切り直しての2戦目、割と遅い時間だったので、もう全艦突撃でいいだろうと思っていたんですよ。
しかし…ここで妙に各艦包囲殲滅がうまくいってしまいました。
ここから段々と欲が出てきます。

敵軍の通常艦を2隻撃沈。
あんまり撃ってない(撃たれるから)んですが、包囲のフタ役や挟み撃ちになりかける牽制は結構やったと思います。
それと撃沈への局面への参加ですね。
ダメ押しを素早く行って、戦闘中の僚艦へのダメージを1発でも減らせば、それが次の敵艦への索敵と交戦に有利に働きます。
(もちろんどうせ死ぬなら、と敵艦がむしろこっちに撃ってくることもあり得ますが…)

で、通常はオーク船以外の船が旗艦なもので、これで勝ったかと思ったんですが…。
残るオーク艦こそが旗艦になっていました。

こうして自軍オーク船を僚艦として
ひたすら時計回りに追いかけっこをしていましたのです…。

この時間が非常に長くなってしまったのが、戦術の取り方がイベントの仕上がりに影響するちょっと悪い例だったかもしれません。
そのあたりが勝ちたい欲に影響されたわけですね。

旗艦は沈められたらそれで終わりですが、旗艦以外が沈んでいても敵旗艦のみがこちらより不利な状態で残っているとすれば、それは打撃消耗戦を制し勝利へ片手がかかっているということです。
僚艦、とくにオーク船がその攻撃力を十全に発揮したのならば撃沈されたとて敵軍に甚大な損害が出ていること疑うことなしということなので。

UOの船は艦娘じゃないですし!
(※やってません)

といっても、敵軍の事情も鑑みれば千日手になるのもやむなかったんですけどね。
こちらの狙いは自軍オーク船をつぶしてでも相手への損害に注力することでしたから。

とかまあ有りながらも、おねむコールが届きつつあったので、
決戦に踏み切ることにしました。
さすがにネットの対戦で負けるよりリアルで早く寝る方がいいだろう…という判断ですね。

でもなんとか僚艦ともに果敢に攻めたおかげか、勝つことができました。

こうして、1戦目は手違いで沈んだ敵軍オーク船が生きていたとして、背後から撃たれるまでに敵軍旗艦を沈めきれてたか…が勝敗の分かれ目としつつ無効試合。
2戦目は各艦の挟撃・包囲のコンビネーションによるアドリブ力による勝利、というところでした。



というわけで第7回出雲大海鮮、ユー海域会戦の顛末でした。

『貴官の勇戦に敬意を表す 再戦の日まで壮健なれ』

----------

以上、提督の手記でした。
今後も出雲大海鮮は続けられていく模様(来月も、とか?)ですので、
皆様も是非ご参加ください!



もし宜しければ、艦隊司令を務められてもよろしいのでは?

(画像は主催のげんごろう様が実況中に撮影されたものをお貸し頂きました。)

拍手[1回]

【当日緊急速報】
受付場所が禅都になりました。

-----

みなさま御機嫌よう!

お久しぶりになります。
この度は出雲で行われます「出雲大海鮮」の告知ならびに乗組員を募る由につきお知らせ致します。

出雲大海鮮とは、出雲シャードのげんごろう様中心にヴェスパー商業の皆様で行っております対人艦隊戦イベントです。

予想総砲門数50門超、予想総砲弾数200発超のかなり火力の高いイベントです!

詳しくはこちら↓なのですが……
Moonglow広場

大雑把にその魅力を説明致しますと、艦隊でぶつかって撃って沈めると勝利となります。

今回で7回目を数える本会は、過去に私も参戦しており、前回に続き今回も1個艦隊の艦隊司令を拝命致しました。
下記、ジャージがトレードマークのFayubeが出雲シャードでお待ちしております。

さて、このイベントを何故桜のブログで宣伝しているのと申しますと、このイベントはシャード単位で艦隊を編成しているからに他なりません。
初期状態でも参戦できる本イベント、ぜひとも我が桜艦隊の乗組員に加わって頂きたく存じます。

そして敵手たる大和艦隊を見事撃滅致しましょう!

主催のゲンゴロウ様からのご案内も合わせて記載しておきますね。

---


 10月20日日曜日に第7回出雲大海鮮を行います。出雲大海鮮とは「未踏の航路」で導入された新型船を使用して砲撃戦を行い相手チームを全滅させれば勝利といういたってシンプルなイベントです。

 今回は桜チーム・大和チームによるシャード対抗戦となっております。競技はチーム戦ですが個人参加の方も大歓迎です。個人参加の場合は2チームのいずれかに入り、砲手として競技に参加することになります。

 砲弾その他はこちらで用意しますので基本的には何も用意する必要はありませんが、競技はフェルッカで行われるので、PKがきた場合にはアイテムを失う可能性があります。なるべく貴重品は持ち込まないようにしてください。

皆様のご参加をお待ちしてます。


日時:10月20日日曜日 21:00より受付開始
集合場所: 「出雲」シャードのTベスパー銀行前
座標:N18°28' W126° 26

※ 未踏の航路を導入していない方は競技に参加できませんので、観戦のみとなります。
※ 競技はフェルッカで行いますのアイテムを失う可能性があります。なるべく貴重品は持ち込まないようにしてください。


詳しいルールなどはこちらのHPをご覧ください。

http://carrack0929.toypark.in/


■ 基本ルール

参加者はチーム(艦隊)のいずれかに所属します。勝利条件はいたってシンプルで、他チームの船を全て沈めれば勝利となります。

試合数は時間の都合上1試合のみの予定です。


個人参加の方はサクラチーム・大和チームのいずれかに砲手として参加することができます。

※ 競技はフェルッカで行いますので、貴重品などは持たないようにしてください。

---



それでは好敵手大和、海鮮の日まで壮健なれ!

拍手[0回]

皆様ごきげんよう。
Pop Up Market In Moonglow
の会場内で開催致します、「なんでも交換会」についてお知らせ致します。

こちらはわたくしが2007年頃(UOML期)にブリテインにて催されたイベントを原型にしております。
(※ただし当時も現在も主催の方とは関わりはありません)

これは取引を物々交換に限って行うもので、貨幣を経ずに各々の求める価値に従ってアイテムを手に入れる、あるいは求める人の手に渡るよう手配するというものです。

core.png

かかるルールにおいては「わらしべ長者」の可能性も十分にございます。
畑から取ってきた綿花や野菜から始まり、口八丁で付加価値をつけて利用価値や経済価値の高いものをお手になさってゆくというものです。
(わたくしの同居人も畑で取ったにんじんから行ったことがあります。)
日頃から胡散臭さには定評のあるお客様にはうってつけの舞台ではないでしょうか?

取引品目として簡単なところを例示致しますと…

カラフル内臓セット(プレイグビーストロードのコアや黒心臓などのセット)
イビルメイジ布で作ったメイジ衣装
・ニッチな品物
・需用が全く見通せないもののなぜか集めてしまったもの

などがございましょう。

hujitubo.png
(↑フジツボ系)

世の中ふとした出会いから、驚くようなセンスの持ち主である方との出会いがあるもの。
皆様の多彩な感性に基づいた、個性的な出品をお待ちしております。

また物々交換の市場が手狭とお感じでしたら、出店で一点ものとしてお売りになられても全く問題ございませんので、どうぞ多岐に渡る出品をお願い致しますね。

拍手[1回]


庭梅小路
管理人:
Calibur [キャリバー]/Magus
職業:
町長
このサイトについて:
ネットゲームUltimaOnline の桜シャード・ルナ南門外に位置するプレイヤー・タウン『庭梅小路』のオフィシャルブログです。サイト内の画像・文章の転載は厳禁。ウルティマ関係サイトのみ、TOPページがリンクフリーです。バナーが必要な方は、上の画像をお持ち帰りの上ご利用ください。
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
所在地 : 桜シャード
map.gif
最新コメント
[08/05 Calibur]
[08/05 (*゚∋゚)]
[01/19 鹿頭]
[10/22 Calibur]
[10/16 鹿頭]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

PR