忍者ブログ
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、出雲の大海鮮に赴き、提督として奮戦して参りました。
然る後、勝利を納めました!



以下、出雲で提督を務めたFayubeの手記(うおみんの日記)を掲載いたしますね。
ややいつもと違うフランクな所もございますけれども、そこもお楽しみ頂ければ幸いです。

----------

取りあえず全ての状況を攻撃に活用することを志す。
その結果、差し入れと称したお菓子に毒を塗って渡すことにしました。
ただ、返事を聞いた限りだと、効力を発揮しなかった模様…残念…。

加えてイベント用チャットルームがあるのでここで欺瞞情報を流す。
ただし本当のことを混ぜないと信憑性がないので注意は必要。
例えば相手がヒートアップしてたり当たり前の答えが本当のことである場合は、迷わずそこで本当のことも言う感じをアッピールするわけです。

さて、海戦で最も可能性が高いのは集団突進どうしの激突であり、その次に広い陣形での攻勢や守勢などがあるんだと思います。
今回、我が艦隊は開戦からすかさず全艦左へ横移動を開始。左の枠線にたどり着いたらやや前進ののちに戦場中央を目指す。
これにより開幕直後の正面決戦による混乱を防ぐとともに、相手方が正面突破を目指していた場合そこに肩すかしを食わせることになります。

と、これで相手の虚をつけたと思ったんですが…。
所定の機動ののちに各艦会敵してみれば、相手が割と散開状態。
ここからは、

・オーク船と通常船のタイマンは避ける
・少数にある時は避け、多数にあるよう攻める
・旗艦はひらすら逃げる

が戦場に残ったポイントでした。
つまりここからは各艦の機動と決断力の勝負だったのかもしれません。
不利な時に味方艦が退路を塞がない/開けてくれる、自軍旗艦への攻撃に割って入る、敵軍旗艦への妨害・攻撃に加わるといった意味でのチームワークにつながります。

その点でどうやら優位に立ったのか、敵軍オーク船からある程度距離を取ってから敵軍旗艦とガチで殴り合いに入りました。
なるべく交戦しないで勝ちたかったんですが、機動も砲撃も思い切りが大切なのと、無聊の慰めもあってボカスカ撃ちにいったわけです。

…と沈めたかに見えたんですが、色々行き違いや手違いがあって再戦となりました。

仕切り直しての2戦目、割と遅い時間だったので、もう全艦突撃でいいだろうと思っていたんですよ。
しかし…ここで妙に各艦包囲殲滅がうまくいってしまいました。
ここから段々と欲が出てきます。

敵軍の通常艦を2隻撃沈。
あんまり撃ってない(撃たれるから)んですが、包囲のフタ役や挟み撃ちになりかける牽制は結構やったと思います。
それと撃沈への局面への参加ですね。
ダメ押しを素早く行って、戦闘中の僚艦へのダメージを1発でも減らせば、それが次の敵艦への索敵と交戦に有利に働きます。
(もちろんどうせ死ぬなら、と敵艦がむしろこっちに撃ってくることもあり得ますが…)

で、通常はオーク船以外の船が旗艦なもので、これで勝ったかと思ったんですが…。
残るオーク艦こそが旗艦になっていました。

こうして自軍オーク船を僚艦として
ひたすら時計回りに追いかけっこをしていましたのです…。

この時間が非常に長くなってしまったのが、戦術の取り方がイベントの仕上がりに影響するちょっと悪い例だったかもしれません。
そのあたりが勝ちたい欲に影響されたわけですね。

旗艦は沈められたらそれで終わりですが、旗艦以外が沈んでいても敵旗艦のみがこちらより不利な状態で残っているとすれば、それは打撃消耗戦を制し勝利へ片手がかかっているということです。
僚艦、とくにオーク船がその攻撃力を十全に発揮したのならば撃沈されたとて敵軍に甚大な損害が出ていること疑うことなしということなので。

UOの船は艦娘じゃないですし!
(※やってません)

といっても、敵軍の事情も鑑みれば千日手になるのもやむなかったんですけどね。
こちらの狙いは自軍オーク船をつぶしてでも相手への損害に注力することでしたから。

とかまあ有りながらも、おねむコールが届きつつあったので、
決戦に踏み切ることにしました。
さすがにネットの対戦で負けるよりリアルで早く寝る方がいいだろう…という判断ですね。

でもなんとか僚艦ともに果敢に攻めたおかげか、勝つことができました。

こうして、1戦目は手違いで沈んだ敵軍オーク船が生きていたとして、背後から撃たれるまでに敵軍旗艦を沈めきれてたか…が勝敗の分かれ目としつつ無効試合。
2戦目は各艦の挟撃・包囲のコンビネーションによるアドリブ力による勝利、というところでした。



というわけで第7回出雲大海鮮、ユー海域会戦の顛末でした。

『貴官の勇戦に敬意を表す 再戦の日まで壮健なれ』

----------

以上、提督の手記でした。
今後も出雲大海鮮は続けられていく模様(来月も、とか?)ですので、
皆様も是非ご参加ください!



もし宜しければ、艦隊司令を務められてもよろしいのでは?

(画像は主催のげんごろう様が実況中に撮影されたものをお貸し頂きました。)

拍手[1回]

この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

庭梅小路
管理人:
Calibur [キャリバー]/Magus
職業:
町長
このサイトについて:
ネットゲームUltimaOnline の桜シャード・ルナ南門外に位置するプレイヤー・タウン『庭梅小路』のオフィシャルブログです。サイト内の画像・文章の転載は厳禁。ウルティマ関係サイトのみ、TOPページがリンクフリーです。バナーが必要な方は、上の画像をお持ち帰りの上ご利用ください。
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
所在地 : 桜シャード
map.gif
最新コメント
[08/05 Calibur]
[08/05 (*゚∋゚)]
[01/19 鹿頭]
[10/22 Calibur]
[10/16 鹿頭]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

PR