忍者ブログ
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ごきげんよう、お久しぶりです皆様。

本日は簡潔ながら庭梅小路の運営を終了するご挨拶を述べさせて頂きます。

2012年4月の設立依頼、およそ10に満たないイベント数ではありましたが、各地の才能を集められたことは大変光栄な出来事であったと今更ながらに思い出します。

この世界の長さに比べれば短いものではありましたが、多くの皆様のご協力のもと、様々な景色を共に観ることが出来たかと存じます。

果たせずに終わった約束事などもございますが、わたくしなりに自分だけの姿勢を貫き、そこに協力して頂く機会を得たことを忘れ得ぬものとしつつ、庭梅小路の幕を引く所存でございます。

今までありがとうございました。

なおイベントにご協力頂いた皆様で、貸与未返還・未払いなどあればそれらの方々につきましては別の連絡系統は生きているかと存じますので、お手数ですがそちらよりご連絡を頂戴したく存じます。

拍手[1回]

というわけで、UO BOOKS ONLY2は前回に続いて文化向上のための書籍文化促進として引き続き開催するという目的とともに、
個人の邸宅内で、従来あった形式のイベントを行なうことはできるか、という試みも兼ねておりました。

工程や当日に不具合が無いわけではありませんでしたが、この形式で行なうことの特徴・長所なども多々あったかと存じます。
特に、こうした信用に基づくことが環境づくりのウエイトを占める中で、トラブルが起きなかったことは、ご参加になった皆様の高いモラルの証明となったと感じております。
(※庭梅小路伝統になりつつある大事な所でのアナウンスミスを除く)

わたくし達自身が新しい試みを楽しみたいと思うと同時に、わたくし達は極めて個人イベンター色の強い集団であり、その存在や実績をもって、様々な人に自分なりの試みに踏み切るよう後押しできればと考えております。

いずれまた新たなアイデアをイベントの形にして、皆様のお目にかかる日がやってくるかとは思いますが、
ひとまずは寒い季節がどうしても苦手ですので、わたくしは一休みとさせて頂きますね。

拍手[1回]

皆様ごきげんよう。

本日は先のSakura Xtreme Live Theater出演者の方々にとてもお喜び頂けた発言管理用の自作ツールについてお話致します。

ツールといってもこちら↓の公式サイトより提示されておりますガイドラインにおける違法行為となるものではないので、どうかご安心下さいね。
http://ultimaonline.jp/support/uo_pro.html
どのような根拠において違法ではないと言うのか前もって説明いたしますと、
UOのアプリケーションとは直接関係ない、テキストファイルとクリップボードの間を、スムースにやり取りするためのものであるからです。
(従来UOで使われていた、ツールから直接UO上で発言するツールではありませんので、その点お知り置き下さいね)

題して、UO Actor。

まず、インストール作業の必要はなく、.exeファイルを起動すればすぐに使用可能になります。
(アンインストール作業も必要なく、フォルダを削除して頂ければそれでお済みになります)
お試しになりながらということでしたら、一旦この記事の一番下のダウンロードまでいらして下さい。

uoactor_icon.png

ちなみにわたくしの家の魔術師を箱ドットで描いて頂いたものをアイコンに採用致しました。

uoactor_icon2.png

さて、起動したツールの画面から、開くボタンを押してファイルを選択する、あるいはツールにテキストファイルをドラッグ&ドロップする。
これらの方法でテキストファイルの内容が一行ごとに表示されます。

uoactor_gamen.png

表示された行の左側のボタンをシングルクリック、あるいはセリフの部分をダブルクリックすることで、
クリップボードにそのテキストが記録されます。

クリップボードにテキストが記録されていると、UO上でPasteマクロ(デフォルトでCtrl+V)で発言内容に反映することができます。

これによりテキストファイルやエクセルでセリフを管理して、行を選択してコピーという動作を短縮することができます。
細かいことですが、演目中のセリフが多ければ多いほど、1回の発言における手順と時間の節約が良い効き目となるのではないかと思い作成しました。
(行商などにも使えるのではないでしょうか?)

またNormal/Emote/Yellを選択することで、常にEmoteやYellで、
発言することが!!!!できます!!!!
*ニコニコ*

ツールをお使い頂けるような説明として手短に済ませようと思いますので、
説明はこのあたりまでとしておきますが、
他の有用な機能についても取扱い説明書に記しましたのでご覧ください

手前味噌ながら、こうしたツールを活用することで、より表現活動が簡単に柔軟に行うことができるかと思いますので、皆様の発想の具現化の一助となれば幸いです。

ご利用にあたっては下記リンクからzipファイルをダウンロード・解凍して頂いた上で同梱いたしました説明書をご覧頂いて、ということでお願い致しますね。
 

UO Actor Download



 

拍手[2回]

みなさまごきげんよう。年の瀬のご挨拶に参りました。

今年4月に設立致しました庭梅小路、これといって設立のセレモニーなどは行わなかったのですけれど、みなさまの憶えもめでたく、遅ればせながら9月のUO Books Onlyを盛況のうちに終えることができました。

また、去る今月22日には町内のDBのミュージアムにて、宇宙の帝王フリーザ様のドラゴンボールショーが開催されました。
わたくしもザーボン様の美しき野望に感激致しました。
フリーザ様に負けずにこの庭梅小路を文化都市のようにしたいと、決意を新たにした次第です。

db.jpg
(来年、映像でご紹介できるかもしれません)

その文芸振興の計画については、現在は前回の記事でもお知らせした、Sakura Xtreme Live Theaterの開催に向けて取り組んでおります。
来年2月の開催ですので、間をおかずまたお知らせができるかと存じます。



それでは来年も宜しくお願い致します。良いお年を。

拍手[0回]

みなさまごきげんよう。

UO Books Only以来、町内のお知らせはご無沙汰していたのですけれど、少々秋の風にあたりながらゆるりと考え事などをしておりました。

少々前のことで恐縮なのですけれど、アイオライト様のI am a swordのエピローグとその舞台がブックセンター屋上に展示されております。本編は1Fにありますので併せてお楽しみ下さい。

sword_ending.png

わたくし達は前回のイベントの成果を実質あるステップとして新たな取組み始めております。
いずれ皆様にお知らせする時が参りますので、こと演芸に興味のお持ちの方は、楽しみにお待ちになって下さいね。

拍手[1回]


庭梅小路
管理人:
Calibur [キャリバー]/Magus
職業:
町長
このサイトについて:
ネットゲームUltimaOnline の桜シャード・ルナ南門外に位置するプレイヤー・タウン『庭梅小路』のオフィシャルブログです。サイト内の画像・文章の転載は厳禁。ウルティマ関係サイトのみ、TOPページがリンクフリーです。バナーが必要な方は、上の画像をお持ち帰りの上ご利用ください。
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
所在地 : 桜シャード
map.gif
最新コメント
[08/05 Calibur]
[08/05 (*゚∋゚)]
[01/19 鹿頭]
[10/22 Calibur]
[10/16 鹿頭]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

PR